コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

【講師紹介8/地域連携教育】兵土美和子先生(福岡大学商学部)

【地域連携教育】

兵土美和子(ひょうど みわこ)先生
福岡大学商学部非常勤講師 

MiwakoHyodo.jpg


【プロフィール】
ライター、編集者、NPO起業等を経、現在はフリーで人材育成を主とした活動を行う。2007年より、福岡大学商学部の地域貢献プログラム「書く力をきたえるプログラム(略称:書くP)」を同学の田村馨教授と共同開発し、企画運営を担当。その他、福岡大学商学部非常勤講師として「表現する力をきたえるプログラム」「ソーシャル・イノベーションⅠ、Ⅱ」、福岡市主催の中・高生を対象に、感性を磨き創造力を発掘する「中・高生夢チャレンジ大学」
実行委員会及び実務者会議委員、ビジネスパーソン向けの学びの場「大名塾」事務局を担当。

【現在の取り組みへの思い】
 書くPは、関わる学生が、「自分の中に答えがある」ことに気づき、「一人称で考え、動く」ことができる人材になるための人材育成プログラムです。自分の奥底にある思いは何なのか? 今自分が思考したことはどこからくるのか? 自問自答して自分を掘り下げていくことや、目の前に起こった現象を自分ごととしてとらえ、自分は何をすべきか考え動くことは、現在・未来を生きて行く上で不可欠なスキルです。このプログラムので自己を理解し肯定していくこと、他者を理解していくことを腑に落としてもらいたい、そんな思いでプログラムを企画運営しています。

【今に至るルーツ】
 ここ数年の学生に共通にかつ強くみられる 「書く力の低下」の対策として、2007年11月に大学生版書くPを実施しました。
当初我々教員が直面していたのは、何か課題を出しても深く考えることができない(しない)、何かあると「わかりません」「調べます」という学生の多さでした。自分の思いを表現すること、自分の強み弱みを知っておく必要があるということ自体は学生も頭ではわかっているのですが、掘り下げるという経験がなく、どう書けばいいかわからないと戸惑います。結果、「表面的な正解」水準=誰もが同じようなことを話し、書くことになってしまう。それが「自分なるものを他者にアピールしない」表現スタイルであることを、学生は就職活動での面接やエントリーシートを書く段になって思い知るのです。それで初回、大学生対象のプログラムでは、まず自分を掘り下げるワークを重点的に実施しました。
 手応えはありましたが、自分を掘り下げたものを材料に書くことの大切さが、学生において、どこまで「腑に落ちた」かは不明でした。受け身で(当事者意識をもたずに)プログラムに取り組む限り、「書く力」は身に付かないと判断し、「教えることで学ぶ」(learn by teaching)の実践を絡ませた「書く力をつけるプログラムfor小学生」を福岡市立平尾小学校において企画・計画し、2008年2月に実施しました。このプログラムは、「書く力をつけるプログラムfor大学生」の進化系(バージョンアップ版)として、大学生が教える立場にたち、学生同士が協力して問題課題解決にあたるプロジェクト型(project-based learning)を採用して行いました。以降、現場の中心を中学・高校に移行し、現在5年目となります。

【これからの夢や目標】
 私は、現在・未来を自分ごととしてとらえ考え動く人々が増え、みんながお互いとの関係性を大事にしながら共存し高め合っていく社会にしたいと思っています。書くPが訴えるエッセンスが福岡大学からより広く、伝播できれば。

【大事にしている言葉とその理由】
「こたえは自分の中にある」「一人称で考え、動く」
書くPのキーワードであり、参加者自身の目標指針となる言葉です。

【参加者へのメッセージ】
書くPは福岡大商学部で実施しているプログラムですが、商学部生特有のものではありません。たくさんのキーワードがありますが、特に「現状を認識し、自分の頭で考え、行動する」ことはどんな人にも求められるものです。いろんなもの・ことに問いかけること。「なぜ?」「どうして?」と疑問を持ち考えてみてください。そして考えたことを言葉にし、アウトプットする。これを繰り返す。言葉を持ち、考え、自分の哲学・生き方を創造して欲しいと思っています。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

西日本教育フェスタ

Author:西日本教育フェスタ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。